2016年8月23日

『清里 自然の森(竹早)山荘』の建築写真 (山梨)

森の中の山荘

記事『笑顔が大漁な〜』を投稿してから、「自然の森山荘」や「竹早山荘」と検索して当ブログを訪れる人が増えました。

そこで今回は、外観とインテリアの建築写真を載せます。

竹早山荘』という名だった清里に建つこの宿泊施設は、建築士 吉村順三氏によるもので、見学のため宿泊する人もいるそうです。

自然の森山荘の客室

2階の客室です。

2階の廊下

2階には、布団を敷く客室のタイプが4室、ベットがある客室が2室あります。

2部屋(上の写真の左右)の襖を全開して、広間として使うこともできて、よく考えられているな、と感じます。

ベットのある客室

学校が利用するときは、教員がこの客室を利用するそうです。

1階の広間には、暖炉(左)があります。
子どもが喜んで薪をくべます。大人でハマる人も。

サンルーム

サンルームが広間に隣接します。
自然光は気持ちが良いです。

真ん中に写っているのは、陶芸教室のみんなの作品。

浴室

共同浴室(男女別)の壁に、生徒が描いています。

撮影日:2012年3月下旬
カメラ:EOS 5D Mark II

2016年8月8日

谷戸田がある『寺家ふるさと村』(横浜)

田んぼ 大池の先の散策路

舗装された車道の行き止まりの先に大沼があり、上の写真はその奥の『ふるさとの森』の散策路です。

雨に濡れた葉や苔

雨天は濡れた葉や苔が綺麗に写せます。

水溜りと葉

少し流れがあった水溜り。
雨の日は植物が喜んでいる感じがします。

寺家ふるさと村の谷戸田

谷戸田という図説にぴったりの風景。
谷戸田とは、周辺の丘陵に挟まれた谷につくられた田んぼのことです。

『ふるさとの森』には釣堀もあるとのことなので、涼しくなったらまた来ようと思います。

『寺家ふるさと村』の近くに駅はないので公共交通だと、バスを利用することになります。
バスが出ているのは田園都市線の青葉台駅やJR横浜線の中山駅です。

撮影日:2016年7月22日
カメラ:X-T10

2016年7月21日

枡形城跡に『枡形山展望台』 (川崎)

枡形門と展望台

『枡形山展望台』は『生田緑地』の園内にあります。

枡形山は、標高84mで山頂は平坦なので、築城に適していたのでしょう。

枡形展望台から見える富士山

展望台からは富士山の山頂がなんとか見えます。

枡形展望台から見える東京タワー

望遠レンズ(200mm)だと、東京タワーも見えます。

枡形展望台から見えるスカイツリー

こちらも望遠レンズ(200mm)で、スカイツリーを捉えました。

枡形展望台から見える登戸

上の写真は登戸駅あたりです。街の模型みたい(笑)。
焦点距離は127mm。

展望台がある枡形山広場までは、生田緑地 東口から階段や坂を登って15分くらいです。
春には綺麗な満開の桜を楽しめます。