2016年9月21日

紅葉の鳩ノ巣渓谷 (東京)

つり橋から多摩川を見下ろす

『鳩ノ巣渓谷』は駅近スポットです。
「遠出の散歩道」や「岩ギャラリー」として、おすすめできます。

JR青梅線の鳩ノ巣駅から徒歩5分くらいで、多摩川まで下りられます。
なお、ここは東京都です!

訪れたのは11月中旬で、紅葉が始まったところでした。

鳩ノ巣駅

立川駅から鳩ノ巣駅(奥多摩駅より手前)まで、1時間強です。
タイミングによっては青梅駅で乗り換えとなり、そこから山深くなります。

下り坂

鳩ノ巣駅から青梅街道を横断して、坂を下っていきます。

滝と階段

河原まで何軒かの旅館がありますが、ほとんど営業していません。
活気があった時期もあったのか、と想像します。

この近くに流れの細い『双竜の滝』があります。

紅葉を撮る人

平日でしたが、紅葉狩りや撮影している人たちがいました。

つり橋

この記事の最初の写真は、このつり橋から撮ったものです。

彫刻のような岩

岩を彫刻と捉えてフレーミング。

多摩川

この辺りの多摩川は流れがやや早いです。

渓谷の岩

渓谷といっても、そんなに高さはありません。

河原の階段

上流へ向かいます。
階段や道が整備されて、歩きやすいです。

急な階段

川のエメラルドグリーンが魅力的です。
地元の人に聞くと、透明なときもある、とのことでした。

石垣と階段

この階段を上ると『白丸ダム』です。
白丸駅までは、まだ少しあって、車道を歩くことになります。

使える写真ギャラリーSothei』では秋の写真を無料配布中です。
利用ルール内で、SNSや書類に使えます。

撮影日:2013年11月中旬

2016年9月14日

パワーポイント背景にプロの写真画像

プレゼンテーション

今回は写真の活用法として、パワーポイントの背景(テンプレート)を紹介します。

ワードのようにパワポのスライド上に、長い文章を載せる人がいますが、プロジェクターで見ている人は読めません。
読めたとしても、文字が多いと集中してプレゼンターの言葉が耳に入らなくなるデメリットがあります。

しかし、1フレーズだけだとスライドが寂しい、と感じることも。
そこで、お勧めなのが、背景に写真を挿入することです。

1フレーズのうしろ全面に画像

会議室

背景にする画像選びのポイントは、文字を載せるスペースがあることです。
ごちゃごちゃした画像の場合は、コントラストを弱めたり、文字の後ろを塗ったりします。

手間をかけずに、そのまま使いたいなら空の写真がいいでしょう。
背景にするからには、程よい模様的な雲が使いやすいです。
ここはキーポイントでガツンと強調したいスライドには、太陽が適しています。

雲や太陽の写真の中には、“やさしい”や“力強い”などそれぞれ雰囲気が違うため、メッセージに合ったものを選べればさらに効果的です。

姉妹サイト『使える写真ギャラリーSothei』では、太陽の写真も無料配布中です。
利用ルールをご了承いただければ、パワーポイントの背景(テンプレート)に無料で使えます。

ソフトの設定方法

デスクワークをするOL

パワーポイントのスライド背景を全面画像にする方法は2つあります。

編集せずにそのまま使う際は、「塗りつぶし効果」を利用します。

四角い塗りを画像に載せるなど手をくわたいときは、「テンプレート(スライド マスター)」へ画像を最背面に配置しますが、この場合は全てのスライドに適用されます。

2016年8月23日

『清里 自然の森(竹早)山荘』の建築写真 (山梨)

森の中の山荘

記事『笑顔が大漁な〜』を投稿してから、「自然の森山荘」や「竹早山荘」と検索して当ブログを訪れる人が増えました。

そこで今回は、外観とインテリアの建築写真を載せます。

竹早山荘』という名だった清里に建つこの宿泊施設は、建築士 吉村順三氏によるもので、見学のため宿泊する人もいるそうです。

自然の森山荘の客室

2階の客室です。

2階の廊下

2階には、布団を敷く客室のタイプが4室、ベットがある客室が2室あります。

2部屋(上の写真の左右)の襖を全開して、広間として使うこともできて、よく考えられているな、と感じます。

ベットのある客室

学校が利用するときは、教員がこの客室を利用するそうです。

1階の広間には、暖炉(左)があります。
子どもが喜んで薪をくべます。大人でハマる人も。

サンルーム

サンルームが広間に隣接します。
自然光は気持ちが良いです。

真ん中に写っているのは、陶芸教室のみんなの作品。

浴室

共同浴室(男女別)の壁に、生徒が描いています。

撮影日:2012年3月下旬
カメラ:EOS 5D Mark II